京都恵みキリスト教会

教会新聞

近隣地域に配布している教会新聞をご覧いただけます。

動画コンテンツは動画のページへ移動しました。

恵みによって

恵みによって ノアの箱舟

ノアの箱舟(2019年春号)

旧約聖書に「ノアの時代の大洪水」の記述があります。聖書を信じるクリスチャンはこの大洪水を事実であると信じていますが、多くの方は神話に過ぎないと考えています。果たして、どちらが正しいのでしょうか。大洪水が事実であるという証拠はあるのでしょうか。

恵みによって なぜ祝われる?クリスマス

なぜ祝われる?クリスマス(2018年冬号)

毎年、12月25日になると世界中でクリスマスが祝われています。クリスマスとは、イエス・キリストのご誕生を祝う記念日として人々が定めた日です。なぜ、キリストのご誕生は世界中の人によって祝われているのでしょうか。それは、キリストが全人類の救い主であるからなのです。

恵みによって 神の診断書

神の診断書(2018年秋号)

誰しも自分の健康には気を配るものです。体の健康のためには、きちんと医者に診てもらい、その診断結果を受け入れ、治療することが大切です。これは、たましいについても同じことが言えます。あなたを造り、生かしておられる神が、聖書を通してあなたのたましいの健康状態を告げておられます。

恵みによって 人生、むなしくありませんか?

人生、むなしくありませんか。(2018年春号)

あなたは、人生にむなしさを覚えられたことはありませんか。「単調な毎日をただ繰り返し、最期は死を迎える。そんな人生に何の意味があるのだろうか。」「何のために生きているのだろうか。」「なぜ無意味な人生のために労苦しなければならないのか。」と、多くの方は心のどこかで感じながらも、むなしさを必死にごまかして生きているのではないでしょうか。

恵みによって なぜキリストは十字架に?

なぜキリストは十字架に?(2017年冬号)

12月になると街はクリスマスムードに包まれます。クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う祭りです。キリストは「愛の人」などと理解されていますが、十字架につけられて処刑された方でもあるのです。なぜキリストは十字架につけられたのでしょうか。キリストは極悪人であったのでしょうか。それならなぜ、世界中でキリストの誕生が祝われているのでしょうか。

恵みによって 死の備え

死の備え(2017年秋号)

イエス・キリストが語られたたとえ話に出てくる金持ちは、非常に賢い人のように思えます。多くの人が「人生の成功者」と思うでしょう。しかし、神はそんな金持ちを「愚か者」と呼んで責められたのです。
このたとえ話から、イエス・キリストが全ての人に警告しておられることがあります。

恵みによって −それは本当に神ですか?−

それは本当に神ですか?(2017年春号)

聖書が書かれた紀元50年ごろのギリシャのアテネでは、いたる所にあらゆる神々が祭られ、人々はそれらを拝んでいました。キリストの使徒パウロはそれを見て「宗教心にあつい」という印象を持ったのです。しかし、「宗教心にあつい」のは当時のアテネだけでなく、現在の日本でも同じではないでしょうか。そして、このような宗教心は正しいのでしょうか?

恵みによって 世界一の本

世界一の本(2016年冬号)

みなさんは、聖書をどのような書物と考えておられるでしょうか?印刷・発行部数、翻訳言語数世界一の聖書は、単なる宗教書や道徳書とは説明できないほど多大な影響力を持っています。なぜこれほど普及し、多くの人に影響を与えているのでしょうか?

恵みによって −本当の幸せとは−

本当の幸せとは(2016年秋号)

「キリストを信じたらどんなご利益があるのですか。」と聞かれると、私たちは永遠のいのちを受けることをお伝えしています。しかし多くの方は「とにかく今この世で幸せになることが大事だ。」と言われ、永遠のいのちではなく現世利益を求めます。しかし、そこに本当の幸せがあるのでしょうか。

「教会新聞」一覧ページへ戻る